Q&A アライナー(マウスピース)矯正 永久歯列の歯列矯正 目立たない矯正装置

アライナー矯正のしくみとre-scanが大切な理由

アライナー矯正のしくみ

アライナー矯正では「現在の歯並びと微妙に違う形のマウスピース」を、毎日長時間装着することで、歯並びの方をマウスピースの形に変化させて矯正治療をおこないます。
着脱式の矯正装置で歯を動かすという考え方自体は目新しいものではありませんが、大規模な歯の移動を正確にできるものではありませんでした。
最近のアライナー矯正(マウスピース矯正)では0.2~0.3mmづつ歯を動かすように精密に作製されていて、連続的に形状を少しずつ変化させたアライナー(マウスピース)を順番に使用することにより、正確にしっかり歯を動かすことが可能になっています。
アライナー矯正では、現在の歯並びからスタートして最終的なきれいな歯並びまで、0.2~0.3mm刻みで連続的に正確な形のアライナー(マウスピース)が必要です。CAD/CAM(コンピュータを利用した設計製作)の活用により、最初から最後までのアライナー全部を治療開始時に設計製作することで、現在のかたちのアライナー矯正が可能となりました。
一方、予測通り(設計のとおり)に歯が動かなかいと、治療の途中からアライナーが合わなくなり、うまく歯が動かなくなってしまうという注意点があります。
アライナーの使用時間が足りないと十分歯が動かずアライナーが合わなくなっていってしまいますが、アライナー自体がワイヤー矯正ほど歯を動かす力はないため、きちんと長時間使用していても徐々に合わなくなっていく場合もあります。
いずれにせよ、治療途中からアライナーが合わなくなる場合があることも想定してアライナー矯正を進める必要があり、アライナーを追加で再設計・再製作することをre-scanと言います。

アライナーが合わなくなった場合の対処方法は3つ

  1. 適合できるアライナーにステップバックして長時間装着しなおす。アライナーが合うようになれば治療をそのまま進める
  2. 動きの遅れている歯にゴムでの牽引などを追加して、しっかり動くように工夫する
  3. 歯列を再スキャンして、現状に合わせた新たアライナーを追加で作りなおす(re-scan)

アライナー不適合の原因により対処方法も様々ですが、現状にあわせたアライナーを設計製作しなおすことで円滑に治療が進むケースが多いため、必要に応じてre-scan(再スキャン)を行います。
精密な歯形をとるために、従来は「シリコン印象」という方法で行っていましたが、全部の歯の形を完全に精密にとることが難しく、患者さんにも負担のある方法でした。
現在では、口腔内スキャナを使用して失敗なく正確に歯形をとることができます。ひととおり最後までアライナーを使用した後、さらに精度を上げるためにre-scanをして、追加のアライナーを作製する場合もあり、必要に応じて随時簡単にre-scanできるようになったことが、アライナー矯正の精度や適応範囲の拡大に一役買っています。

口腔内スキャナでの再スキャンがアライナー矯正では重要

アライナー矯正では、追加のアライナーを必要とする場合が多々あり、必要に応じてどんどん追加のアライナーを使用することにより、アライナー矯正の精度を向上し適用範囲を広げています。
現在では「アライナー矯正では追加のアライナーを必要とすることの方が多い」という認識でもあり、多くの場合、追加のアライナー作製には費用がかからないようにもなっています。
従来のシリコン印象では歯形のとり直しもなかなか大変でしたが、現在では口腔内スキャナで簡単正確に歯形を取リre-scanできるようになったことは、アライナー矯正の成功にとても重要で貢献が大きいものになっています。

アライナー矯正では、治療途中でアライナーが合わなくなってしまうことも想定しながら治療を進める必要があるものです。途中でアライナーが合わなくなってしまった場合には、口腔内スキャナで現時点の歯列形状を再スキャンして追加でアライナーを作り直す方法が非常に有効です。治療が一段落した段階でさらに精度を高めるためにre-scanを行うこともあります。

矯正初診相談の予約はコチラ

-Q&A, アライナー(マウスピース)矯正, 永久歯列の歯列矯正, 目立たない矯正装置
-, ,

© 2021 宮前区、鷺沼駅前の矯正専門・りょうかわ矯正歯科クリニック