宮前区鷺沼の矯正歯科りょうかわ矯正歯科クリニック

田園都市線鷺沼駅前・歯科矯正治療専門・育成・更生医療・顎口腔機能診断施設


顎変形症の外科矯正

上下顎の相対的な位置関係のズレが大きく、歯の矯正だけではきちんと治せない場合、顎骨の手術を併用した矯正治療をおこないます。
このような不正咬合を「顎変形症」、治療のしかたを「外科矯正」といいます。(もちろん、矯正歯科では矯正の部分をおこない、顎骨の手術は、口腔外科で入院しておこないます)
手術というと驚かれる場合もありますが、不正咬合の状態に応じた適切な治療方針の選択が最重要です。
 
治療例
骨格性下顎前突(骨格的に受け口傾向が著しい)のケース。
一見、反対咬合の程度はそれほどでもないように見えますが、上下の大臼歯の噛み合わせのズレが大きく、下顎の前歯の内側への傾斜が強いなど、歯並びの土台となる上下顎骨の位置関係のズレはかなり大きい状況です。
 
 

矯正治療開始前
骨格性下顎前突・外科矯正開始前(右側面)
骨格性下顎前突・外科矯正開始前(正面)
骨格性下顎前突・外科矯正開始前(左側面)

 
矯正治療開始
手術で下顎を後退させるので、手術をした後に噛める歯並びを目標に矯正を始めます。
外科矯正・術前矯正開始(右側面)
外科矯正・術前矯正開始(正面)
外科矯正・術前矯正開始(左側面)

 
手術直前
上下顎骨の骨格的なズレを反映して、前歯の反対咬合がかなり強まっています
外科矯正の術前矯正・手術直前(右側面)
外科矯正の術前矯正・手術直前(正面)
外科矯正の術前矯正・手術直前(左側面)

 
手術後経過観察
外科矯正・手術終了後(右側面)
外科矯正・手術終了後(正面)
外科矯正・手術終了後(左側面)

 
矯正治療終盤
外科矯正・術後矯正終盤(右側面)
外科矯正・術後矯正終盤(正面)
外科矯正・術後矯正終盤(左側面)

 
矯正装置撤去時
外科矯正・終了時(右側面)
外科矯正・終了時(正面)
外科矯正・終了時(左側面)

 歯並び・かみ合わせでお悩みの方
矯正治療をご希望の方
りょうかわ矯正歯科クリニックにご相談ください!
24時間初診相談メール申し込み受け付け中