宮前区鷺沼の矯正歯科りょうかわ矯正歯科クリニック

田園都市線鷺沼駅前・歯科矯正治療専門・育成・更生医療・顎口腔機能診断施設


成長期・こどもの矯正治療

成長期の子供の不正咬合を放置すると、成長発育に伴い骨格性の問題へ発展したり、より重篤な不正咬合に至る可能性があります。
こどもの時期から矯正治療をおこなっても。必ずしも永久歯列期の歯列矯正が不要になるものではありませんが、この時期に不正咬合の様々な要因・悪循環の解消に努めることにより、より良い成長発育を誘導し、将来の不正咬合の問題をより軽度にすることを目標とします。
成長期に効果的に準備的な矯正治療を行うことにより、将来の歯列矯正が円滑に良好な治療結果を得やすくなると考えられます。
逆に、成長期の不正咬合の放置により、不正咬合の問題を重篤化する場合もあり、例えば反対咬合などは放置せず、できるだけ早期に一度解消する必要があります。
適切な治療時期を見逃さないためには、上顎前歯が永久歯になった頃に、いちど矯正の相談をされることをお勧めします。
 
治療例(1)
早期から着脱式の拡大装置で歯列の拡大と、部分矯正とを行い、乳歯から永久歯への生え変わりを利用して不正咬合の問題を軽減したケース
 

矯正治療開始前
子供の矯正治療開始前(上顎咬合面)
子供の矯正治療開始前(正面)
子供の矯正治療開始前(下顎咬合面)

 
矯正治療開始
このケースでは着脱式の拡大装置(拡大床)を使用してもらいました。
少なくとも、前歯4本がきれいに並ぶスペースの確保が目標です。
拡大床装着開始(上顎)
拡大床装着開始(下顎)

 
矯正治療中盤
今後さらに、乳歯よりも大きな永久歯が生えてくるので、多少余分のスペースが必要です。
場合によって、デコボコの完全な解消が無理なケースも多々ありますので、無理しすぎないことも重要です。
また、かみ合わせの前後的な問題(出っ歯傾向や受け口傾向)は歯列の拡大のみでは対応できない問題なので、これらの不正咬合がある場合には、永久歯列の完成後の矯正治療で治します。
上顎歯列の拡大
セクショナルアーチ(上顎前歯の部分矯正)
セクショナルアーチ(上顎前歯の部分矯正)左側面

 
歯列矯正開始時期まで経過観察中
犬歯までデコボコなくきれいな配列とすることができました。
このケースでは、かみ合わせに出っ歯傾向があり、口元の突出感が見られるため、永久歯列の完成を待って、小臼歯抜歯を伴う歯列矯正を計画する予定です。
拡大終了後(上顎咬合面)
拡大終了後(正面)
拡大終了後(左側面)


治療例(2)
成長期の上顎前突(出っ歯)を、着脱式の矯正装置で下顎の成長促進をおこなったケース
 

矯正治療開始前
かみ合わせが深く、出っ歯の状況です。
子供・上顎前突の矯正治療開始前(右側面)
子供・上顎前突の矯正治療開始前(正面)
子供・上顎前突の矯正治療開始前(左側面)

 
矯正治療開始
下顎を前方位で咬合させる、着脱式の矯正装置を使用。
成長期における下顎骨の成長を利用した、骨格的な上顎前突(出っ歯傾向)の緩和が目標です。
下顎骨の成長促進を行うための着脱式の矯正装置
矯正装置使用時(正面)
矯正装置使用時(左側面)

 
約1年後
前歯の噛み合わせの前後関係が改善し、噛み合わせも浅くなりました。
顎の成長時期と矯正治療時期がマッチしていたことも良好な経過の要因です。
成長終了後の時期ではこのような結果は得られません。
可撤式矯正装置適用終了後(右側面)
可撤式矯正装置適用終了後(正面)
可撤式矯正装置適用終了後(左側面)

 歯並び・かみ合わせでお悩みの方
矯正治療をご希望の方
りょうかわ矯正歯科クリニックにご相談ください!
24時間初診相談メール申し込み受け付け中